すべての建築に関わる基本には『基礎工事』があります。
基礎工事は住宅を支えるとても重要な工事になり、一口に言っても様々な種類の基礎工事があります。
基礎工事はまったく同じ物は出来ませんので、その地域の地盤や特徴、更には気候等様々な要素が絡まって成り立っていますので、
基礎と言っても施工業者・全てが関係していきます。原島ブロック=『基礎工事』と呼ばれる理由は基礎工事に絶対的な自信があるためにあります。

布基礎とは、建物の土台を支える為、逆T字型のコンクリートのを使う基礎工事のことです。
逆T字型のコンクリートの中には鉄筋が入っています。
一般的な一戸建て住宅など多くに使用されている工法です。

建物下の地盤全体に鉄筋を配筋し、そこにコンクリートを流し込んで作ります。
鉄筋コンクリートを面全体で建物を支える構造になっている為に、耐震性が向上します。また、軟弱な地盤の場合にも非常に安全で有利な、建築物施工することが出来ます。


 まず、根切りを行います。建物を建てる位置を正確に決めていき、基礎自体が埋まる深さまで掘り起こします。

 砕石(割栗石=わりぐりいし)を根切りをした場所に敷き、さらに砂利を重ね、突き固めていきます。

 その上にコンクリート(捨てコンクリート)を打ちます。これは、基礎の位置を決める墨出しや、配筋・型枠工事をやりやすくするためのものです。

 次に基礎を丈夫にするための鉄筋を配置。これを「配筋」といいます。

 基礎のコンクリートを流し込むための型枠をつくります。この時、基礎に木の土台を固定するアンカーボルトも取付けます。

 型枠の中にコンクリートを打ちます。

 ベタ基礎とは建物のすべての範囲の地盤に、鉄筋をサイの目に組み上げますので、住宅の重み・地震・台風・様々な力から住宅を守る効果があります。

 建物の範囲全てに、ベース生コンクリートを平らに15~20センチの厚さで流し込みます。

 コンクリートが固まり次第、土台や力の掛かる部分に型枠を組み上げ、30~40センチ程度の高さで立ち上がり生コンクリートを流し込み完了です。

 ベース生コンクリートを、建物の範囲全てに流し込むことによって、住宅に掛かる力を分散させる為、住宅全体を支えることが出来る工法です。

どれだけしっかり基礎を施しても地盤が悪ければ意味がありません。そんな場合、原島では地盤調査を行い地盤の強度や安定性を調べます。
今までの経験や実績からお客様の施工内容に合った基礎工事をご提案いたします。布基礎やベタ基礎で対応できない地盤もありますので基礎工事に関することであれば何でもご相談下さい。


ブロックの専門家だから安全、安心をお約束します。
ページの上へ