ブロックの専門家だから安全、安心をお約束します。

ご自宅の塀は大丈夫ですか?

塀は防犯やプライバシー保護、火災における防火等、私たちが安全に生活して行く上で大変重要な役割を果しています。
塀は常に住宅の外にある為、雨や風などをそのまま受け、少しオーバーかもしれませんが過酷な環境の中で私たちを守ってくれています。
ですからどんなに良い、しっかりとした塀であっても確かに寿命はやってきます。
しかし 昨今、阪神大震災に代表される大きな地震や災害によって塀が倒壊し負傷者を出すなど全国的に被害が広がっています。
高度成長期を迎えた昭和の半ば以降、国内では住居の建築に伴い塀も大変多く作られました。
中でも大谷石に代表される加工しやす石材を使った塀はたくさん施工されました。
しかし、これらの石塀では内に鉄筋で補強されていないものも普通に存在し、当然塀は崩れやすくなり大変危険なのです。このような施工不良による危険な塀は意外と多いものです。
原島ブロック建設では、お客様の塀の診断をさせていただき、その上で安心できる塀作りを原島ブロック建設がご提案させて頂いております。
追記: この度、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震は東北・関東に甚大な衝撃をもたらしました。余震も頻繁にあり建物のみならず塀への影響も計りしれません。ブロック塀の補強・補修・修理をお考えでしたら、是非ご相談下さい。

1.【地盤】

まずは地盤を確認

ブロック塀を施工・修復するにはまずは塀全体の重量を支える役目をもつ地盤を確認します。基礎と一体となった地盤でブロック塀を地震等で倒れないように補強する為には地盤にあった基礎のスタイルや根入れ深さが必要になります。


2.【基礎】

原島ブロックは基礎工事を最重視します

ブロック塀の基礎工事は、鉄筋コンクリート造りとなります。基礎工事の重要なポイントは二つ、地業(ぢぎょう=砕石・割栗石の突き固め)と根入れにあります。これらを現場の状況に合わせて施工することにより強固で安全な基礎が築かれます。左記参考図。
原島ブロック建設では、工事にあたってこの基礎工事を最も重視し、不測の地震に対して強い塀作りを目指しています。


3.【たて筋 よこ筋】

組み立て役の屋台骨

たて筋とは、ブロック塀に横からかかる力、例えば地震や風に負けないように踏ん張る大切な屋台骨のようなものです。基礎から塀の上部まで1本の鉄筋で立ち上げて行きます。 よこ筋とは、ブロック塀に対する横の方向を1枚の板のようにする役目をするものです。それぞれ共にブロック塀を一体とする大切な鉄筋です。
鉄筋入れに当たっては、いわゆる「かぶり」を多く取り、鉄筋がブロックの出来る限り中央に来るように施工します。かぶりが不十分なときは、塀の脆弱性は増しますの気を遣って工事をすることになります。


4.【控え壁】

支えも必要です。

「控え」とは、塀の補強壁のこと。一定の高さ以上の塀には、決められた間隔で「控え」が必要です。


5.【モルタル充填】

支えも必要です。

鉄筋の特性として、湿った空気に触れ続けていると錆の進行が早まります。単にモルタルを流し込んだだけでは、大きな空気泡が残ったり十分にモルタルが回り込まずに空洞があったりとかして、錆の原因になります。この空気を抜く手順が「締め固め」で、この作業の丁寧さが塀の寿命を大きく左右します。20年、30年空気に触れ続けていた鉄筋は針金ほどの太さになってしまうこともあります。モルタル充填の如何が、ブロック塀の寿命と安全を左右します。


ページの上へ